• blog
  • 2016.11.14

尽くしすぎる女性は、「愛の技術」を磨くべき!?

  • keyword:
こんにちは。杉浦里多です。


昨日のTBS番組「私の何がイケないの?」のゲストはリナさん。

「私は尽くす」と言う彼女に、「押し売り業者」「呪いのセーターは誰も嬉しくない」と切ってしまいました。。。


その中で、心理カウンセラーの塚越先生のアドバイスに皆、うんうん、と頷いていたのが、

「愛は自我を越えなければいけない。つまり自分のエゴを超えたところに愛はある。」

「愛には技術が必要。恋はできても、愛は技術ができないとできない」

 

その通り!です。

「イケダン育成術〜賢妻に学ぶ結婚生活を幸せにする技術」(文藝春秋)はまさに、その「愛の技術」を具体的に指南している本です。

しかも、それを実現している“プロ”達から学べる、実践力の高い、「愛の技術」です。

 

尽くしているのにどうして上手くいかないの?と悩む恋愛中の人にも

どうして結婚までいかないの?と婚活中の人にも

愛に自信を失くし始めた既婚者の人にも、

まだまだチャンスはあるということです。

「技術」なのだから、磨けばいいのです!



 

是非、「イケダン育成術〜賢妻に学ぶ結婚生活を幸せにする技術」(文藝春秋)を読んで、

「愛の技術」を学び、磨いてくださいね



関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで