• blog
  • 2016.11.14

男ゴコロを掴むスタイリングのキモ その6:“やわらかい”と“ゆったり”は大きな違い

  • keyword:
こんにちは。アレサンドロ後藤です。

”仕事も遊びもできるビジネスパーソンのリアルなおしゃれ”
をテーマに活動している男性の視点から、

「男が“いいな”と感じる女のスタイリング」

について、日々思うところをつぶやく、第6回目です!



レディスファッション誌は、春のファッション特集が花盛り。
今年は“シャーベットカラー”だそうで。

「そう言えば何年か前には“ビタミンカラー”じゃなかったっけ?」とか、
「ビタミンの色を薄くしたらシャーベット、ってことか・・・」
「まあ、確かにビタミンよりはフェミニンには見えるよなぁ・・・」
などと無駄なことを考えながら眺めておりました。

雑誌の着回しコーデはやりすぎ感が満載ですが、
ちょっとだけ採り入れるなら、明るさや元気さといった要素が加わって、良いのかも知れませんね。


それと同時に、春先になると“ふんわり”や、“ゆったり”で“フェミニン”な感じ、
なとど表現されるトップスやスカートをたくさん目にするようになります。

「男は自分(男性)に無いものを持っている女に異性を感じる」
生き物なので、柔らかさやふんわり感のあるアイテムは基本的には好きです。

(ちなみに、男らしい性格の女性も好かれるには好かれるんですが、
“友達として”好き、って感覚になっちゃうんですよね〜。
まぁ、そういう場合、特定の男性にだけ弱い面を見せると、
最高のツンデレになるんでしょうけど・・・・。)


話がそれてしまいましたが、やわらか感のあるアイテムが好き、といっても、
男性はアイテムそのものに「女性らしさ」を見出す訳ではありません
そのアイテムが似合う女性自身の、「女性らしさ」を意識します。

やわらかいアイテムを通して、それを纏っている女性の体が
“やわらかそうだ”というイメージを持ちます。
で、男性には無い“やわらかさ”、に異性を感じる、という段取りです。


ですので、ふんわりした可愛らしいアイテムをとにかく身に着ける、ではNGです。
自分の体型をやわらかそうに見せる、という効果のあるアイテムでなければダメです。

また、例えばシフォンやカシュクールなど、やわらか感のあるアイテムは、
男性から見たときに、体型が細く見える(細く想像してしまう)、という効果があります。
が、全身そういったアイテムにすると、何故か細そう、には想像できず、
逆に太そうに感じてしまいます。

“やわらか”が単なる“ゆったり”になってしまう感じでしょうか?

脚や腕、ウェストなど、自信のあるパーツは露出しつつ、
ほどよくやわらかいアイテムを採り入れる
、のが
男性にとってのベストマッチです。

これから暖かくなってきますが、そういった素敵な女性を見掛けるのが楽しみです。



次回は、「気になるトコロは隠すな!」をテーマにお話しようと思います。
では!


無料相談や知恵の交換ができる掲示板はコチラ
http://delice-delice.com/


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで