• blog
  • 2016.11.14

「おいしい」の3段活用

  • keyword:

 芸人のサバンナ・高橋といえば「たいこ持ち芸人」、つまり「先輩に気に入られるよう振る舞うことの天才」として有名です。彼が最近、披露していた「先輩にご飯をごちそうになっているときのコツ」というのが、
 
 ・料理が運ばれてきたら「おいしそう!」と言う
 ・食べてる最中に「おいしい!」と言う
 ・食べ終わってから「おいしかった!」と言う
 
 というもの。名づけて「おいしいの3段活用」。
 
 食事中だけでなく、あらゆる機会を無駄にせず「楽しんでいる」「感謝している」旨を先輩にアピールするコミュニケーション術。おごっているほうとしても「ごちそうさまです」よりも、自然に楽しい気持ちになることでしょう。さすが、たいこ持ち芸人。おそるべしです。
 
 ちなみに食事におけるこの3タイミング(食事前、食事中、食事後)は、スポーツメンタルトレーニングの世界でも注目されていて、漫然と食事するのではなくこうやって言葉を発しながら食事に集中することで「チロトロピン」「コルチコトロピン」「ドーパミン」というホルモンが活躍し、脳が活性化するという説もあります。
 
 また心理学でも「ランチョンテクニック」という言葉があり、食事を一緒にしながらだと人と人は仲よくなりやすいと言われています。
 
 食事をおいしく食べることは、人生の大きな喜び。気心の知れた相手と楽しく食べれば、おいしさ・親密さは何倍にもなるでしょう。
 
 「おいしい」というのは、嫌な気持ちになる人のいない魔法の言葉(そういう意味では「ありがとう」に近いですね)。話題に困ったり沈黙が流れてしまったりしたときには、「おいしいの3段活用」を思い出して、いろいろなバリエーションで繰り出すように心がけてみてください!

■連載サイト 共同通信ニュース
http://kyodo.newsmart.jp/info/contact/formURLsend.php

◆速報! 7月7日七夕の夜に、
話し方セミナー(初級)開催決定!!


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

五百田達成
五百田達成

東京大学教養学部卒業後、角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「コミュニケーション」「恋愛・結婚・仕事」「生活者心理」「社会変化と男女関係」を主なテーマに執筆や講演を行う。鋭い分析と優しい語り口が人気となり、「私の何がイケないの?」(TBS)、「極嬢ヂカラPremium」(テレビ東京)コメンテーターのほか、メディア出演多数。“日本一女心のわかる男"として、働く女性や職場で女性との接し方に悩む男性などから多くの支持を集めている。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。その他の著書に『「2回目のない女」を卒業します! 』(メディアファクトリー)、『一瞬で幸せ本能がめざめる 心のゆるめかた』(中経出版)などがある。
公式ブログ:五百田達成 オフィシャルブログ
web:五百田達成 オフィシャルwebsite
web:恋と仕事のキャリアカフェ
Twitter:ebisucareer
facebook:五百田 達成