という記事を見つけました。

なんと意外な魅力があった! 「麻雀が強い男」の特徴5つ

ダーリンも麻雀が好きなので、つい読んでしまいました。
結構、当てはまっていてビックリ。

わたしは、自分で自分をまかなえる範囲であれば、
別に麻雀でも競馬でもパチンコでもスロットでも、
好きなようにやればいいと思っています。
だから、ダーリンが麻雀をやろうと、まったく気になりません。

というか、実はダーリンはわたしには見せないけれど、
気性が荒い。
荒ぶる気性を鎮めるために、麻雀はピッタリなのでは
ないかと感じている次第です。

わたしとの生活には、荒波がありませんから。
むしろ穏やかすぎて、
ダーリンが「懲役」と呼ぶ、
毎日荒くれた生活を与えてくれた
元お嫁さんのほうが合っていたのでは?
と、たまに考えたりします。

でも、そんなことを考えても現実は変わらない。
ある友人男性の、
「男は家に汚れを持ち込みたくないものなんだ。
だから、キャバクラに行ったりギャンブルをして
仕事の垢を落とす」
という言葉に、深く共感している、うちのでした。

わたしも、時には荒ぶりますけどね。
昔、ドンジャラをしていて負けそうになった時、
泣きべそかいて卓を『巨人の星』の星一徹さんみたいに
バーンとひっくり返して、
走って逃げたこと、ありますけどね。

だって、ドンジャラをした初対面の男性が、
チンピラみたいで怖かったんだもん。
走って追いかけられた時、しぬかと思った。
横須賀の裏路地を走りまくって、
わたし、刑事ドラマの犯人役みたいだった。

やっぱり女性のみなさんは、ギャンブルを好む
男性がお嫌いかしら。
わたしがおかしいのかしら。
どうなのかしら。




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

内埜さくら
内埜さくら

日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)、認定臨床心理カウンセラー&恋愛コラムニスト。雑誌、ウェブなど多くのメディアで恋愛記事を手がけるフリーライターとしての顔も持つ。取材を得意とし、これまでインタビュー数は有名人や著名人、一般人を含めて1200人超。取材対象者は12~70歳まで幅広く対応。2011年に『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)を出版。女性限定でメール恋愛相談も行っている(詳細はブログを参照)
公式ブログ:恋愛コラムニスト内埜さくらのブログ