• blog
  • 2016.11.14

「嫌いな人とは自然に縁が切れる法則」を活用するためには

会社勤めで煩わしいのが人間関係、
だったりしませんか?
以前、ある識者の先生に取材をした時、
「会社に勤めている以上、そういった人は必ずいるから
うまく距離を置くしかない」と言われたことがあります。

そうかもしれないけれど、そうではない場合もある、と
わたしは思います。
一緒の会社に勤めていたとしても、
「嫌いな人とは自然に縁が切れる法則」が
働いてくれる場合もあると思うのです。

昔ある会社でアルバイトをしていた頃、
同性にいじめられたことがあります。
実は結構、どこに行ってもいじめられやすいタイプで
正直、仕事に愛着もなかったので、
「めんどくさっ、やめちゃえ、やめちゃえ」と
何日も「具合が悪い」と欠勤しました。

結果、どうなったかというと。
わたしをいじめていた女性が辞めさせられたのです。
彼女はいじめ常習者で、わたしが欠勤を続けたことで
上司が「もう見過ごせない」と判断したとのことでした。

その時わたしは、「仕事を頑張っておいてよかった」と
心から思いました。
仕事を頑張っていなかったら、何日も欠勤した
わたしがクビになって当然ですから。

つまり会社で「嫌いな人とは自然に縁が切れる法則」を活用するためには、
仕事を頑張るのが近道、ということになるのかな、と。

今は会社に勤めてはいないけれど、
わたしはもっともっと、仕事を頑張らないといけません。
それは、嫌いな人と仕事をする機会があるから。

わたし、あまり人を嫌いになることがないのですが、
今、世界中で嫌いな人が2人います。
1人は縁が切れたからいいとして、
もう1人は仕事が一緒になるのです。

どうして嫌いかって理由は単純。
遅刻常習犯だからです。
詳細は省きますが(本当は書いてぶちまけたいけど)、
フリーライター生命を危うくされかけたことすらあります。

その人と縁を切るためには、仕事をもっともっと頑張って
自分をレベルアップさせないと。

みなさんもいろいろ大変だと思いますが、
頑張ってくださいねん。

レベルアップさせる、という点ではこの法則、
恋愛にも応用できると思いますよ。


このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

内埜さくら
内埜さくら

日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)、認定臨床心理カウンセラー&恋愛コラムニスト。雑誌、ウェブなど多くのメディアで恋愛記事を手がけるフリーライターとしての顔も持つ。取材を得意とし、これまでインタビュー数は有名人や著名人、一般人を含めて1200人超。取材対象者は12~70歳まで幅広く対応。2011年に『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)を出版。女性限定でメール恋愛相談も行っている(詳細はブログを参照)
公式ブログ:恋愛コラムニスト内埜さくらのブログ