• blog
  • 2016.11.14

恋愛記事を書く女性に既婚者が少ないという事実

を、昨年あたりに初めて知りました。

というか、拙著を出版した当時わたしも独身だったので、
「説得力に欠けないかしらん」と、
やや不安でもあったのです。
だからわたしは、「取材してまっせ!」という事実を
全面に打ち出しました。

そして、署名で恋愛記事を書いていて、かつ
書籍を出版している既婚女性がほんの僅かという事実を
目の当たりにしたのは、

「ハローキティの幸運を呼ぶ恋と婚活ブック」で座談会に参加した時。

ハローキティの幸運をよぶ恋と婚活ブック
座談会の企画を担当した料理研究家で編プロも経営している
凄腕女社長、オガワチエコさんが、
「見つからない!」と困っていたのでした。

座談会に参加したのは、わたしと、
作家で女豹ライターの島田佳奈さんと、
編集もバリバリこなすライターの、池田園子さん。

原稿は姫野ケイさん、写真は大崎えりやさんです。

「どうしたら結婚相手にめぐり会えるか」的なことを
しゃべったような気が……します。

見かけたら買ってくださいね!
大崎さんに何度も「うちのさん、笑って!」と言われても笑えなくて、
またしてもブサイク写真です、ごめんさいね!

という告知を、ここに載せたすべての方々は、
1週間ほど前に済ませております。

わたし、こういうの遅いのねん。
重ねて、ごめんなさいねん。


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

内埜さくら
内埜さくら

日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)、認定臨床心理カウンセラー&恋愛コラムニスト。雑誌、ウェブなど多くのメディアで恋愛記事を手がけるフリーライターとしての顔も持つ。取材を得意とし、これまでインタビュー数は有名人や著名人、一般人を含めて1200人超。取材対象者は12~70歳まで幅広く対応。2011年に『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)を出版。女性限定でメール恋愛相談も行っている(詳細はブログを参照)
公式ブログ:恋愛コラムニスト内埜さくらのブログ