• blog
  • 2016.11.14

仲良し夫婦の心がけで当てはまらないこととは

  • keyword:
こんなニュースを見ました。
「仲良し夫婦の心がけTOP5」
以下がランキングです。

1位 感謝の気持ちは「ありがとう」と声に出していう(55.4%)
2位 なるべく生活時間帯(寝る時間または起きる時間)を合わせる(55.1%)
3位 毎日、会話をする時間を必ずつくる(51.3%)
4位 一緒のベッドまたは布団で寝る(46.4%)
5位 仕事帰りには電話やメールをする(45.9%)

問題は4位。

寝相が悪い女性っていないのかしらん。
わたし、激しく悪いです。
布団の上に全身を乗せて大股開きで寝て、
ダーリンが布団に入れないようにするそうです。
布団をかけてもかけても同じことの繰り返し×わたしが起きるまで。

無意識だから仕方がない。
だけど、仕方がないとも言っていられない。
ダーリンはわたしの寝相のせいで、風邪を引いたことがあるからです。

現在、冬に向けて各自1枚の布団を用意しようか検討中。

最初、ダーリンは乗り気でしたが、
「布団を別々にすると一緒に寝ていることにはならないからダメだ」
と、意見を撤回しました。

風邪、ひくっちゅーに。

寝相が悪い女性っていないのですか!?
ぜひ対策をお伺いしたい。

あ、それと恋愛相談、仕事の処理を先にしているため
お返事が遅れております。

明日の夜から少しずつお返しする予定なので、
お待ちください。

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

内埜さくら
内埜さくら

日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)、認定臨床心理カウンセラー&恋愛コラムニスト。雑誌、ウェブなど多くのメディアで恋愛記事を手がけるフリーライターとしての顔も持つ。取材を得意とし、これまでインタビュー数は有名人や著名人、一般人を含めて1200人超。取材対象者は12~70歳まで幅広く対応。2011年に『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)を出版。女性限定でメール恋愛相談も行っている(詳細はブログを参照)
公式ブログ:恋愛コラムニスト内埜さくらのブログ