• blog
  • 2016.11.14

メールのレスの速さと好意の関係

  • keyword:

メールの返信が速い相手は、自分に好意を持っている。

これ、ウソです。お返事の速さと好き度合いに、関連はありません。


前に取材をしたときも、「好きな相手からメールが来たときの対応」アンケートで、

・即レス

・他の人と対応を変えず、普通に

・がっついていると思われたくないから、わざと遅らせる


この3種類、答えが僅差で結論が出なかったもの。


ね。だから、もし狙っている人からお返事がこなくても

くじけずもう一度、連絡してみませう。

お返事すること自体を、忘れているだけかもしれないから。ね。


でも、「女がもったいぶる理由 」でも書いたけど、

チャレンジは三度までよ。


ね。連絡して、して。

わたしも、したです。

来月あたり身体が空くから女の子たちにメールしたのに、

だぁ~れもお返事なし。びっくり。

だから、再チャレンジ。


「お返事ないけど、わたしのこと嫌いになったの?

わたし何か失礼なこと、した??」って。

同性相手のときのみ、重い女プレイでお返事をおねだりするです。


結論。みんなうっかりさんだっただけ。

類は友を呼ぶ、ですね。


類友=わたしも同じく、うっかり。

メールのお返事、よく忘れます。

どうしよう。5月にもらったメールにお返事していない事実を

いま見つけちゃった。

いま、8月。季節は初夏から残暑へ。


ほかにも、こっちから電話したあと、相手が折り返し連絡をくれているのに

出ずに、メールにもお返事しないとか。


メールラリーが途中にもかかわらず、

一切お返事しなくなるとか。


感じ悪いですね。悪口いわれても仕方ないですね。こんな女。

だけど、ほかのことに集中すると忘れてしまうのですよ。


どうしましょ。とりあえず5月到着のメールはお返事できないなー。

ね。そっちから連絡して、して。

とブログに書いても、読んでいないだろうし……。

困ったー!!









関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

内埜さくら
内埜さくら

日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)、認定臨床心理カウンセラー&恋愛コラムニスト。雑誌、ウェブなど多くのメディアで恋愛記事を手がけるフリーライターとしての顔も持つ。取材を得意とし、これまでインタビュー数は有名人や著名人、一般人を含めて1200人超。取材対象者は12~70歳まで幅広く対応。2011年に『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)を出版。女性限定でメール恋愛相談も行っている(詳細はブログを参照)
公式ブログ:恋愛コラムニスト内埜さくらのブログ