• blog
  • 2016.11.14

彼の私服センスが絶望的に悪かった時の対処法

・・・・・・私服を捨てる。
しかも、彼自身に捨てさせる。

ども。実際、今の夫であるダーリン自ら
わたしとの交際前の私服を捨てさせた、
うちのさくらです。
「あぁ、また俺の私服が減っていく・・・・・・」
と、嘆きながらゴミ袋に詰めて捨てていましたが、
そのぶん、わたしが自腹で洋服を補てんしたので、
文句は言わせません。

わたしは、ダーリンの私服のセンスが
絶望的に悪いことを承知で結婚しております。

おつき合いして2、3ヶ月は黙認して
ずっと我慢の子。
「俺、洋服は(前の嫁さんに)買ってもらってたから
自分じゃ選べないんだよぉ」
という言葉を逃さずすかさず、
「あなたのセンスは微妙すぎるから
今後はわたしが買う!」
と、宣言して実行したのでした。

まぁ~ひどいったら。
ダーリンは「1洋服1ワッペン主義」だったらしく、
ひどいアイテムには6個ものワッペンが付いていることも
ありました。
6ワッペン+白の革ジャン。
想像するだけでありえない。
「それ、“白”が“白”じゃないからみすぼらしいよ」
と伝えて捨てさせました。

センスという点では、わたしも人のこと言えないんですけどね。
コレ、先日の格好です。




10枚以上は持っている、
流行る前から大好きなロゴT&
先日購入したカモフラ柄スカート。
男ウケゼロですわ。

ちなみに、男性への対処法は以下のコラムでも書いています。
彼の私服センスが絶望的に悪かった時の対処法3つ

わたしが強行した方法はハードすぎるので
ソフトな方法を書きました。
参考になれば幸いでござる。

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

内埜さくら
内埜さくら

日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)、認定臨床心理カウンセラー&恋愛コラムニスト。雑誌、ウェブなど多くのメディアで恋愛記事を手がけるフリーライターとしての顔も持つ。取材を得意とし、これまでインタビュー数は有名人や著名人、一般人を含めて1200人超。取材対象者は12~70歳まで幅広く対応。2011年に『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)を出版。女性限定でメール恋愛相談も行っている(詳細はブログを参照)
公式ブログ:恋愛コラムニスト内埜さくらのブログ