• blog
  • 2016.11.14

告白したいと考えている貴女へ

恋愛したいけど・・・
こう思った時に女性は
どう動いていくべきなのか?

ず~っと昔の恋愛事情ならば
「好きと言わせなさい」と
皆さんにお伝えしたと思います。

ですが、世の中はどんどんと
変わっていて・・・

昨今の恋愛事情を聞くに連れて
「好きと言いなさい」と言わざる
おえない状況に感じます。

傷つくのを怖がっている男性たち

この現実は否めません。

確かに、女性の願望としては
大好きな彼とお友達として向き合って
彼から「付き合おう」と言ってもらうのが
理想だと思います。

実際にそのような恋のはじまりを
経験している皆さんもいらっしゃる
とは思いますが・・・

もしも、友達として仲は良いけど
ちっとも、恋愛対象として声をかけて
もらえないのならば

自分の気持ちをきちんと伝えてみる
ことを考えても良いでしょう

ただし、彼に告白するタイミングは
あります。

「今週、ゆっくり話せる時間ある?」
真剣にこう聞いたときに、
「今、すごく忙しいんだ」だけで
それ以上の提案が無い場合は、
一旦冷静に彼の気持ちを観察
しましょう。

忙しくて余裕がない場合もありますし

貴女を多くの友達の中の一人としか
考えていない場合もありますし・・・

自分以外の人の気持ちに興味がない
場合もあります。


「今週はすごく忙しいけど
来週なら」

「今週は忙しくて時間ないけど
何かあったの?」

こんな答えだったら
彼は貴女を恋愛対象でないにしても

「良い関係を築きたい相手」として
向き合ってくれていると思います。

まずは、彼は貴女に対してどのような
気持ちを持っているのか・・・
これを確かめることからスタートです。






関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!