• blog
  • 2016.11.14

ナーバスな気持ちの伝え方

  • keyword:

彼の態度やメールの返信の内容に

ムカっときたり・・


音信不通の彼に何かを伝えたい・・


こう考えた時には、是非とも

夜中にかけて書いたメッセージを送るのは

一度グッと我慢して下さい。


なぜか夜に書いたメッセージは

ナーバスだったり、やけに芝居じみていたり・・


少しだけ、いつもの貴女らしさが出ない傾向が

強いことが多いような気がするのです


受け取る側も同じ・・・

一日の疲れを抱えて、気分はそれほど

前向きではない事が多い時間帯です


貴女からのマイナスな気持ちを

上手に受け入れることが出来れば

良いのですが・・

それはなかなか難しいのでは・・?


また、メールのテキストは

読む側の心のコンディションによっては

悪意に取れたりすることもあります。


絵文字を入れたり、文言の最後を

のばすなどの工夫もアリですが・・・


貴女が気持ちを伝える事で悲しい結果を

迎えないためにも、大事な話は口頭で

行う事が最も良いと僕は思います。


良き恋愛を・・・





大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!