• blog
  • 2016.11.14

恋人同士になる前に許してはいけないこと

  • keyword:

さて、昨日の話の本題です。


僕は、泣いて相談にいらっしゃる

女性達から「別に君と付き合っていた

わけじゃない」と言われたと聞くたびに

とても苦しい気持ちになります。


「じゃあ、なぜその様な関係を結んだの?」

と聞くと


「彼女として認めたから、求められていると思った」


「許せば彼女になれると思った」


「許した以上は、すでに自分は彼女になれたと

ずっと思い込んでいた」


男性側から話を聞くと・・

ほとんどの男性は

「遊びの関係と割り切っているのかと思っていた」

という答えが返ってきます。


要するに、

自分の都合の良い解釈をしていて

けっして、彼女の気持ちにこたえられなくて

悪いな・・と思っているわけでは

なさそうです


「彼女は真面目そうで遊びで肉体関係を

結ぶタイプじゃないじゃない?」と問えば


「付き合ってもいないのに、応じるって

そういうことじゃないんですか?わかって

応じているのだと思っていましたよ。」


良いですか・・・

彼としっかりと交際の約束をしない前に

応じたところで、彼が貴女を大切に思う事も

なければ、彼女にする確立など

ほんの僅かです・・


「俺だけじゃなくて、どんな男にも許すんじゃないの?

だって、付き合ってもいない俺にもOKしてくれたん

ですから」

この言葉は、どの男性からも聞かされた言葉です


要するに・・・

彼と彼女の関係になる前に身体を許すと

いうことは・・・


彼に「誰とでも簡単に関係を結ぶ女性」

というレッテルを貼られる可能性が高い

ということです


女性の健気な気持ちなど

男性には、感じ取る事はできません


本当に彼が好きならば

「つきあってください」という言葉を引き出す

まで、絶対に断り続けるべきです。


それで貴女から去るような男は

最初から、貴女が好きなのではなく

貴女の身体に興味があるだけの男です


是非、良い恋愛をしてください


こちらのブログも是非お立ち寄り

下さい!! → 恋愛の名医たち





大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!