男性がその女性のことを

心底好きになった場合

ともかくなんでもして

あげたい気持ちになる・・・・

これは事実です


優しくしてあげたい

荷物をもってあげたい

家まで送ってあげたい

ごちそうしてあげたい

何か買ってあげたい


しかしながら、

借金をしてまで何か買って

あげたり、ごちそうするわけには

いきません


今まだ、思うように彼女に

何かしてあげられないから・・・


「もっと豊かになろう」

「もっと仕事で成果を出そう」

貴女と付き合うことによって

彼の気持ちがこんな風に動いて

くれたら素敵ですね。


もちろん、彼がデートの代金は

全部出してくれるのは

理想ではありますが

男性だって、自分の生活が

ありますし、買いたいモノだって

あります


もしも、彼の方が貴女よりも

ずっとずっと年収が高くて

「君は出さなくて良いよ」と

ハッキリと言ってくれているのなら


3回に1回はお茶をご馳走したり

やささやかなお礼の気持ちを返すと

良いでしょう


貴女よりもちょっとリッチな彼だったら

時々、カフェのチケットやコンビニのチケット

などお金に変わるようなプレゼントで

感謝の気持ちを表すと良いですね


そして、貴女と彼の年収が

それほど変わらないのならば・・・

順番にお金を出し合うのも良いです


もしも貴女が心の中で、彼の方が

少し出し方が少ないとか多いとか

気になっているのならば・・・


一か月のデート代をお互いに同額

出し合って二人のお財布を作るのも

一つです。


不足したらまたお互い同額チャージ

しても良いですし、彼の方がほんの少し

多く払ってくれるなら、それも良いでしょう。


男性は、貴女にお金を出させずに

自分がデート代は出したいけど、

懐の都合でどうしてもご馳走したり

プレゼントしたり出来ない状況の場合


たくさん愛情をかけることで

それを補おうとするものです・・・


だからもしも、貴女の彼が

デート代を全部もってくれなくても

貴女を大事にしてくれるのならば

問題はないのです。





このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!