• blog
  • 2016.11.14

束縛と愛は別のもの

  • keyword:

恋愛の最初、すごく優しくて大切にしてくれた彼・・・

ちょっと、束縛気味であっても、逆に愛されている

という実感があるだけに、ついついそれをヨシとして

しまう傾向は皆さん強いのではないでしょうか?


断固として、「私は束縛されるのは嫌」といえる

女性ももちろんいると思いますが・・・

どちらかと言えば、NOが言えない女性のほうが

多いのでは?


しかしながら、束縛が異常に強い男性の場合

付き合いが長くなればなるほど、様々な支障が

出る可能性があります。


たとえば、熱しやすくて冷めやすいため

突然、音信不通になったり、別れたいと言い出したり


友達と黙って出かけた、他の男性のメアドの登録が

許せないなどの理由で、DVに走ったりという男性も

見られます。


恋愛は、束縛することではありません。

互いの自由を認め合いながら、信頼関係を

築くものです。


疑心によって束縛する事は、もちろん、男性だけでは

なく、女性にも多く見られる傾向ですね・・・


是非、良い恋愛をするためにも、

束縛せず、束縛されず、信頼を深めていってください。






大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!