• blog
  • 2016.11.14

なんとなく彼と距離を感じる時にするべきこと 

  • keyword:

東京は爽やかな朝を

迎えました。


さて、なんとなく彼が

最近冷たい・・・

うまく心が通わない・・・


そんな悩みを抱えている

貴女に向けてお話ししましょう。


今日は、上手な甘え方について


実は男性にとって

女性の小さなわがままは

結構可愛いと思うものです


ただし、

心の余裕がある時に限り・・・


学生時代からの付き合いで

社会人になったとたんに

彼が冷たくなって音信不通

このパターン・・・


新しい彼女が出来たのかも?

と女性は思いがちですが

実は心の余裕がなくなった

為に、貴女からの要求を

上手に処理することが出来なく

なったというケースの方が

多いでしょう。


「会社に気になる女性がいるの?」

この一言が彼の気持ちを

一気に冷めさせる決定打に

なることもあります。


社会人になって数年たっていても

新しいプロジェクトに加わったり

部署が変わったり、上司が変わったり

など、環境が変わったことで

急激に忙しくなることも

この世の中では珍しい

ことではありません・・・・


「だって、彼は何も言って

くれないから知らなかった」


だからこそ、日ごろからの

コミュニケーションが大切なのです


女性が上手に彼の話を聞き出して

あげられるタイプならば・・・

「自分の状況を彼女に伝えて

わかってもらいたい」

と思うのが実は男・・・


彼女には甘えて欲しいけど

自分もどこかで彼女という

存在に依存したい

これが本心です。


彼が今までは心の余裕が

あったからこそ、

彼女のわがままを

「かわいいな」と受け入れてきた

ものの

環境が変わればそれも

可愛い→面倒くさい

と感じるようになってしまいます


今は、彼にわがままを

言っても大丈夫?

それとも、彼の心のフォローを

する時?


この押し際、引き際を

しっかりと見極めること

それには、自己中心ではなく

常に、彼の気持ちがあっての

恋愛だという意識を

もちましょう。


愛される女性になるために・・・


amazon 彼の本音を見抜いて永遠に愛される女性になる方法


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!