• blog
  • 2016.11.14

恋愛の最初でつまづかない為に

  • keyword:

自分の女房は

自宅に大切にしまっておきたい


こう思ったとしても、

やはり、男性の本音としては

妻は一緒に社会で戦う仲間であって

欲しいのは事実のようです。


たとえ、疲労困憊の中で

一緒に家事を分担する

ことになっても・・・


一輪でフラフラと前に進むよりも

二輪で安全走行したい


これは今の男性達のほとんどの

意見です。


でも、時々女性の中には

「会社を早く辞めたいので

専業主婦にしてくれる相手と

早く結婚したい」と言って

婚活をしている人がいます


もしも、将来的にその様な

状況になれるとしても・・・


お付き合いのキッカケにおいては

専業主婦希望という話は

しない方が良いでしょう


お付き合いがすすむ中で

仕事がきつそうだから、

結婚したら取りあえず辞めて

次の仕事をノンビリ探してみたら?

こんな風に彼が言ってくれる事も

勿論あるでしょう


でも、最初から

「私を扶養して下さいね」と宣言する

ことは、男性側としては

ちょっと考え込んでしまうかもしれません・・・


中には、結婚したら専業主婦になって

くれる女性を求めている場合も

あります。


結婚相談所などでは、条件として

その様な事を明確にした事により

理想の男性とめぐり合える場合も

あるでしょう・・・


しかしながら、そうでない場合は

お互いの気持ちを上手に理解できる

までは、まずは絆を深めることが

先決。


お互いに情が生まれ、良い交流が出来る

ようになれば・・・


貴女も、彼の為にもう少し頑張ってみても

いいかも?と気持ちが変わる場合もありますし


彼も、彼女も辛い様子だし、しばらくは

家で休ませたいな、と思う場合もあります。


恋愛の最初で、自分らしく彼と接する事は

大賛成ですが、将来の条件に関しては

相手との信頼関係が結べてから

相談してみるべきだと思うのです。






amazon 彼の本音を見抜いて永遠に愛される女性になる方法












大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!