• blog
  • 2016.11.14

彼からのプロポーズを引き出すには

  • keyword:

長すぎる春。。。

これは、女性の方がそろそろ結婚したいと

痺れを切らすケースが多いでしょう・・


原因としては、やはり出産のリミットを考えたり

まわりの友人達が次々と結婚していく

様子を見ての焦りなど・・

人、それぞれだとは思いますが、

やはり、女性は付き合ってから3年もたてば

そろそろ、結婚の話が気になる人が多いようです。


勿論、彼の年齢や、貴女の年齢・・

また、仕事の状況や、家庭の環境の問題など

様々な諸事情も絡んでのことですので

そう簡単には、トントンといかないのが普通です


それでも、お互いになんとなくで4年が過ぎて・・

5年が過ぎて・・

そろそろ友達も出産しているような状況となれば

女性は彼からのプロポーズが聞きたいと思うのは

当然のこと・・


お互いに仕事も安定しているし、家族も賛成して

くれているとなれば、そろそろ長すぎる春に終止符を

うつ準備をしても良いでしょう。


まず、彼はなぜプロポーズをしないのか?

逆に、プロポーズをする理由がないという事も

理由の一つにする男性がいます。


子供が出来た、転勤で離れ離れになるなど、

なにかしらの理由があれば当然ながら彼女と

結婚するけど、今はその理由が見当たらない・・

男性本意の意見です・・・


女性側の都合をしっかりと伝えてみたらどうなるか?

「あ、そんな理由があるのなら、是非結婚しよう」

となる男性も案外と多いのです。


男性は、女性側の都合など案外と考えていないことも

多々あります。

こちらが冷静に伝えれば、「あ、知らなかった・・じゃあ」

という単純明快な答えが戻ることは、珍しくないのです。


「もしも共稼ぎで子育てとなると、私の体力的にも

あと2年後には出来れば生みたいな・・・

となると結婚そろそろ考えない?」

こんな風にさり気なく聞いてみても良いと思います。


「え?僕は君とは結婚は考えてないよ」こんな答えが

返ってきたら?

勿論、貴女は早急に、新しい彼を見つけることが賢明でしょう。


「今、仕事が忙しいから、じゃあ1年後はどうかな?」

彼がもし貴女を妻にしたいとどこかで考えてくれているのなら

具体的な提案をするのが当たり前のことです。


もしもここで、「ちょっと考えさせて・・」

なんていわれたら、「1週間後に返事してね」と答えをうやむやに

させない勇気も持ちましょう。


今、2人の関係を壊さなければ

将来は花開くかもしれない・・

この考えで、結婚についてうやむやに

していくことは、正直危険です。


勿論、貴女がまだ20代前半ならば、彼の仕事のこと

サラリーのことなど、多々悩みも落ち着かない時期ですので

あまり責めない方が良いと思いますが・・・


もしも、30代を超えての恋愛であり、付き合いも長くなったの

ならば・・

そろそろ男性にも貴女との将来をどう見ているのか?について

見解を聞いても良い時期だと思います。


これもまた、コミュニケーションの一つ

責めるわけでもなく・・・

たたみかけるでもなく・・・


「自分の考えや都合を淡々と伝える作業」これに徹して

みれば案外と彼の本音を聞く事は出来るはずです。


結婚は、互いの条件がマッチした時が適齢期・・・

2人の適齢期を知るためにも、そのマッチングを

してみるのも良いでしょう。





大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!