• blog
  • 2016.11.14

良い喧嘩、悪い喧嘩

  • keyword:

彼とまったく喧嘩しないという人も

いるかもしれませんが、

僕は恋愛中に喧嘩はしても良いと

思います。


例えば、彼に嫌われたくないあまりに

何をされても、自分の意見を一つも

言わないのでは、何の為に付き合って

いるのか分かりません・・・


彼が増長すれば、貴女は都合の良い女に

なってしまうことも目に見えています。


「貴方の意見もそうかもしれないけど

私はこうして欲しいと思っている」と

きちんと伝えるべき・・・・


本来、貴女が意見をやんわりと伝えている

だけで、彼が自分の意見を一方的に言って

怒鳴ったり、不機嫌になって黙るようでは

彼は正直、女性と恋愛をする器が

まだまだ出来ていない状況です。


正直に言えば、

貴女を彼女として認めて付き合っているのではなく

Hがしたいから付き合っていると判断されても

仕方ない状況です。


なぜならば、男女が恋愛をする上で

最も大事な事は、共に時間を過ごして

成長し合える相手であるべきだからです。


色々な問題について、意見を言い合っても

必ず、2人の妥協点を見つける

もしくは、互いにここまで出たら、双方で

同じくらい引っ込むなど、

いかに2人の間でチューニングをしていけるか

これが大事だからです。


もしも、貴女の彼が、一方的に怒鳴って

貴女を黙らせる、ダンマリで音信不通になるなど

子供じみた喧嘩しか出来ない人ならば・・・


再度、彼との恋愛について考えてみるべきです。







大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!