• blog
  • 2016.11.14

自分のままで成長すればそれで充分

  • keyword:

女性が成長する過程では

勘違いによって自分自身を

苦しめてしまう時期が必ず

あるような気がします


例えば・・・


小学校時代だったら

男の子っぽくふるまい

一人称を「僕」としたり・・


中学生になると男子を

意識して

甘えた可愛い話し方を

したり・・・


その後も

置かれた環境と立場に

よって、周りが期待する自分に

なろうと努力してしまうのが

人間の悲しい性分ですね


でも、周りの期待に無理して

こたえても、

必ずしも人生がうまくいくわけでは

ありません・・・


貴女がこうなればきっと

人生がうまくいくと思って

いるキャラクターが

万人に受け入れられる

わけではありません


周りが自分に求めていると

思っていても、


案外と周りはそれほど

他人に大きな期待をしている

わけではありません・・・


本当は甘えん坊なのに

頼れる姉貴的なキャラを

会社で演じている女性などは

気疲れも倍増することでしょうし


本当は、サバサバした男っぽい

性格なのに、婚活を意識して

女性らしさを強調することも

大変なことだと思います


勿論、貴女が周りの人に

その迷惑な言動はやめて

欲しいと要求されている

場合は、社会性をもって

対応するべきです


仕事に関してもそうです

「この仕事のハンドリングを

頑張って欲しい」


でも、誰も

サバサバと男性っぽく仕切れとは

言っていません・・・

貴女らしく、仕切れば良いのです。


貴女は貴女のままで

充分です。


無理せずに、ゆっくりと

自分と向き合いながら成長して

ください。





大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!