• blog
  • 2016.11.14

パートナーと出会うには沢山の男性と話すべき?

  • keyword:

さて、結婚生活を良い方向に

育てる方法については、

明日また・・・


今日は質問があった

パートナーと出会うまでに

多くの男性と食事に行くことは

良いこと?悪い事?

という質問について


まず職場などの同じコミュニティの中で

あまりにも誰彼かまわず

男性と二人きりで食事に行くことは

後に良い方向へ向かいにくくなると

思います。


なぜならば、現代の男性は

社会生活の中であまりにも多くの

問題を抱えすぎている為に

出来る限りリスキーな女性とは

付き合わず、余計な問題を

抱えたくないと考える人が多く

なっているからです。


一昔前ならば、奪ってやるくらいの

勢いのある男性もいたのでしょうが

どうやら、このご時世ではそちらを

期待するよりも、なるべく無難に

お目当ての男性に行き着く方法を

考えた方が良いようです。


何かにつけて自分の思うとおりに

行かない世の中を生きる上で

恋愛で自分のプライドが傷つく

ような結果になる相手とは距離を

置きたがるのが現実・・・


もしも貴女の事を少しばかり

気になる存在と考えていた男性ならば

「おや?他の男性ともしかしたら?」

と、余計な事を考えて、貴女に対する

気持ちもストップする可能性もあるのです。


例えば、私は社内では絶対に

彼はつくらないと決めたのならば

気楽に食事に行くことも良いのかも

しれませんが・・・


それでも、出来れば最初は

複数の人と共に食事をして、

その中でもしも、気になるお相手が

あれば、本命になりうる人として

次の段階で二人きりでじっくりと

話をする機会をつくってみては

どうでしょうか?


貴女のイメージを

少しでも良いものに心がけることは

大切なことです。


なぜならば、意外なところで意外な

人物同士がつながっているなんてことは

珍しくないからです。


好きになった彼が意外にも

貴女があまり好まない人間と

学生時代の親友だったなんて

ことも有りうるわけですから

自分のイメージを上手につくっていく

ことも意識してみて下さい。

また、貴女がもしも、男性と話すのが

苦手な場合は、複数の人で出かけて

その輪の中で男性と対1で話す機会を

作るように試みてはどうでしょうか?


現代人は女性が奔放であっても、

ましてや、ただの食事じゃない?と

気にしない世の中のように思われますが


男性は自分のプライドが許さないという

理由で、出来れば自分だけという

スタンスの女性を好む傾向がまだまだ

根強くあります。


是非、本命の彼から誤解を受けて

遠回りをしないように・・・・

賢い婚活をしましょう。




大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!