• blog
  • 2016.11.14

弱腰男子との向き合い方

  • keyword:

よく連絡をくれる彼だけど

「付き合って欲しい」という

言葉はまだ聞けない・・・


このご相談ですが、

イマドキの男性は、なぜこうも

傷つくことから避ける傾向が強い

のでしょうか?


テレビで芸人が、アイドルに告白して

ふられても大笑いしている姿を見ると

仕事と割り切っているのか?

ダメモトと割り切っているのか?


いずれにせよ、もっとこんな感じで

世の男性もドンドン好きな女の子には

しっかりと告白して欲しいものだと

思います。


他の誰かに好きな女性を

取られるのは辛いのでしょう

だから、恐る恐るでも貴女と

繋がっていたい・・・


友達として仲良くしていれば

満足という男性も中には

いるのかもしれません・・・


でも、多くの男性は

「ふられて傷つくのは怖い」

この気持ちが強いのではないでしょうか?」


ここで、貴女が本当に彼と

付き合いたいと強く思うのならば


「ねえ、私達気が合うよね?

つきあっちゃう?」と軽く言ってみれば

良いのです


彼が、大笑いして答えを出さなければ

貴女も大笑いして終わらせれば

良いのです。


ただし、彼との付き合いは二度と考えないこと・・・


そんなキッカケさえも怖くて掴めない男性に

貴女を守れるはずはありません


イザという時に、貴女を盾にして逃げるような

男と無駄な時間を過ごす必要などありません


また、もしも「付き合おうか」と彼がその

キッカケに乗れたのならば・・・


そのあとは、貴女が二人の恋愛の

ハンドリングは絶対にしないこと・・・


ストップした時点で、恋愛関係は終了です


貴女は彼のお姉さんでも、お母さんでも

ありません。


成長しない男性を一生引きずって生きる事は

女性としては幸せな人生とは言い切れません。






大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!