• blog
  • 2016.11.14

結婚ありきで人生を決めたら

  • keyword:

九州地方の皆様

かなりの被害を及ぼす豪雨のようですが

ご無事でしょうか?

是非、皆様の安全を祈っていますよ。


さて先日、就活中の女子大生から

こんな質問をうけました。


「総合職と一般職の女性なら

どちらの方が結婚しやすいですか?

やっぱり、一般職の方が良いですか?」


結婚しやすいか否かと言われれば

これはもう本人の問題ですから

どちらの職に就いていても関係ないとは

思います。


また、僕の知っている女性たちにも

総合職でバリバリと働きながら

家事も子育ても夫と協力しながら

こなしている人も沢山います。


また、総合職として活躍しながら

家事も育児もこなすことは、自分には自信がない

という理由で、仕事を離れて、自分のライフスタイルに

あった働き方を選んだ人もいます。


総合職だから・・・

一般職だから・・・

これは関係なく、貴女がどう生きたいかが

問題なのです。


例えば、一生涯キャリアでバリバリ働いて

結婚はどうでも良いと思っていても


運命の人に出会って、急に仕事よりも

男性から愛されて穏やかな日々を送りたいと

思うようになるかもしれません。


僕は、最初に決めたことだからとそれに固執する

必要などないと思うのです。


例えば、最初に歩み出した一歩が

本当の自分の生き方ではなかったと思った時点で

また新しく大きなパワーを使う事にはなるかも

しれませんが、それを修正していく勇気をもつことが

一番大事だと思うのです。


貴女の人生は、いかようにも貴女が変えることが

出来るのです。


だから、最初から結婚しやすい状況に焦点を

合わせすぎるのは、結果がうまく出なかった時に

こんなはずでは?と人生がつまらなく感じてしまいます。


好きなことを仕事にする。

やりたいことはやってみる。

そのうえで、結婚したいほど好きな人が出来たら・・・


立ち止まって、自分にとって一番ここちよい生き方や

大事なものを大事にできる生き方を見つければ

良いのです。


それが、貴女の人生に責任を持つということでは

ないでしょうか?





大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!