• blog
  • 2016.11.14

愛される美人になる方法

  • keyword:

もしも、彼が釣りが趣味で

貴女は釣りに出かけたくないのであれば・・


「釣りって楽しそうよね。

でも、男性の聖域って感じがして、

ちょっと私は気後れしちゃうな・・・

貴方の大好きな趣味なんだから、1人で存分に

楽しんで来て!

私は貴方が釣った魚を上手に料理できるように、

その時間は料理教室にでも行こうかな」



お互いにお互いの領分を守りましょうという

スタンスで話をすれば良いと思います。



ただ、「私は興味ないから、楽しんで来て」

というのは、NGです。



誰でも

「私も頑張るから、あなたも頑張って」

という仲間意識が芽生える言い方をされると

気が楽になるものです。



ましてや、貴方が釣った魚を料理できるように

頑張ると言うのは、2人の繋がりを意識できる

言い方です。



「貴方もつりでリフレッシュするなら、私は

エステに行ってリフレッシュするわ」

これでも良いのですが、男としては

「よし!じゃあ待ってろよ」という気持ちには

なれません。


これを言うのなら、

「貴方が釣りでワイルドな感性を磨いているうちに

私は、エステで美しさに磨きをかけてみるわ」

という方が、良い感じで互いの領分を守る

ことが出来るでしょう。


女性の器量は、やはり悲しいかな言葉で

決まる事もあります。

ボギャブラリーの少ない女性よりも多い女性の方が

男性に愛されやすいことは確かです。


話すべき事を楽しく話す・・

なるべく聞き役で、良いテンポで的確な相づちをうつ・・・

男性の気持ちが楽しくなるような言い方で褒める


彼のツボはそれぞれ・・

楽しみながら、彼の喜ぶ言葉を探してみて下さい。


無言の恋愛は、幸せな結果を招きません。





大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html



おやしらずブログ村ランキングで頑張ってます!

クリックしてくれたら、すごく嬉しいな・・・


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!