• blog
  • 2016.11.14

彼に嫌われない為には?

  • keyword:

「なんでもいい」

こう言うから

アレンジしたら、こういうの嫌いって

言われて・・・・


これは、男性からのボヤキです。


男性は、こんな時にも

「彼女とは長くは付き合えないな」と

感じます。


男性は確かに、彼女から全否定されると

気分が悪くなるものですが・・・


嫌なものをイヤと言わずに

後から不機嫌になられたり、

何となくノリが悪かったりするほうが

もっと気分が悪くなるものです・・・・


嫌なものをイヤと言わずにニコやかに

付き合えと言っているのではありません。


例えば、映画の趣味が2人とも違うので

あれば・・・


普段の食事の時の会話として

「私達ってとっても気が合うし

貴方のこと大好きで、なんでも一緒が良いんだけど

映画の好みだけは互いにちょっとだけ違うかも

しれないね」

と、穏やかな雰囲気の中で予防線を張れば

良いのです。


映画はお互いによほど同じものが観たいと

思わない限り、別々に時間のある時に

観た方が良いのだなと彼も認識してくれるでしょう。


普段からのコミュニケーションの中にこそ

様々な乗り越えるべきお互いのギャップを

埋める時間はあるのです。


黙って食事しているカップルをよく見かけますが

そんな時こそ、普段「もしかしたら、ここは話し合って

ギャップを埋めるべき?」と思える話題をふって

互いに良い関係を築けるように、ゆっくりと

話し合いましょう。


幸せならそれで良い・・・

楽しければ良い・・・

そう思って何気なく恋愛を進めるから

いつか、破局がやって来るのです。


恋愛は努力すればしただけ、素敵な結果を生むはず・・

2人にとって、肉体を重ねあうことも大事ですが

言葉を重ねあう事もとっても大事なこと・・・


是非、良い恋愛を・・




大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!