• blog
  • 2016.11.14

結婚を求められる彼女たち

  • keyword:

先日、「先生、再婚決めました」と

嬉しいメールを後輩からもらいました。


さっそくお祝いを兼ねて食事に誘ったところ


「彼女・・目から鼻にぬける部分はありませんが

そのあたりが逆に気持ちが楽で」

彼の第一声でした。


第一線で活躍する彼は、

少々気の効かなさはあっても、素直で

地道で優しい彼女に心が癒されたのでしょう。


「二度目ですから、しっかりした女性を・・・

と考えてお付き合いした事はありましたが、

やはり、いつでも理屈で押してこられると

心が落ち着きません。

どこか、せきたてられているようで・・・」

「賢さや利発さがあっても、柔らかい雰囲気で

それを隠している女性が良いですね。

彼女は普段、ノンビリしているし

ダメな部分が沢山あるけど、

シッカリと物事に向き合って対処しようとする

姿勢が可愛いんですよ。」


「僕と喧嘩した時には、理屈攻めにすることはありません。

だからこそ、社会から守りたいと思うし、

僕が一緒にいる意味があると感じています。」


彼へのインタビューの中で、男の本音として

印象に残った言葉です。


現代の女性達は、本当に仕事もよく出来て

むしろ男性よりもずっと信頼もおける人が増えています。


確かに、そんな女性達は、カッコイイし、異性からも同性からも

憧れの存在でしょう。

しかしながら・・・・自分自身の本当の幸せを探す上では

そのカッコ良さが、時にはデキル男性から敬遠される

こともあるようです。


賢さや利発さがあっても、柔らかい雰囲気で

それを上手に隠す

意識してみてはいかがでしょうか?








大好きな彼をかならず手に入れる 恋愛の極意/志摩 純一

¥1,365
Amazon.co.jp



志摩純一価値婚通信

メルマガへの登録URLはこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001138216.html




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!