何回恋愛しても、ダメンズを好きになる

最初はちゃんとしていたのに。。。
付き合ってしばらくすると
どの人もダメンズに変身してしまう

私って、ダメンズを引き寄せちゃうので
しょうか?


いえいえ、そうではありません
貴女が彼をダメンズに育てているのです。

もっと詳しく言えば、ダメンズの素質が
ある人を好きになりやすい

そして、ダメンズの素質を引き出して
伸ばしてしまう才能があるという
ことです。


貴女の性格を客観的にそして、素直に考えてみてください。

彼にどう思われるのかを最優先で考える
だからNOを言うのが怖い

彼から「どうする?」と聞かれても
あなたの好きでいいよと、物わかりの良いふりをするが
嫌いな方向に物事が決定すると、気分が乗らない事が
態度や顔に出ている。
(彼に指摘されて喧嘩になったりしたことはありませんか?)


彼が他の女性に興味を持ってしまわないように常に
予定を空けて彼からのお誘いを待っている。
でも、彼から何のお誘いもないと、悲しくなって
喧嘩をふっかけたりもする。


一度はNOを言っても、最後には負けてYesと言ってしまう。

そして、彼の愛情を確かめたくて時々拗ねる。
または、過去の悲しい恋愛話をして同情を誘おうとする。

以上のいずれか一つでもあてはまると、ダメンズを育てやすい
女性の要素があります。

そして、すでにお気づきかと思いますが、
恋愛において、彼に対する態度は一貫性が無いと
足元を見られます。

社会的にまたは常識的にダメなことはダメ!
そう突っぱねることが出来る女性でなければ
幸せな恋愛は出来ません。

勿論、お互いの趣味嗜好や都合など、譲り合えるものは
譲り合うことが大切です。
ですが、DVや借金、浮気癖などは、許したらダメです。

男性は、表向きは紳士的であっても、考え方は
本能で恋愛をする生き物です。

しかも、ダメンズの素質のある男性ならば・・・

この女性は、結局自分から離れて行かない。
何をやっても、最終的には許してくれる。

そういう女性を見つければ、ダメンズになってもOKと
勝手に勘違いしてしまうのです。

自分に対してどこかで一線を引いて、
毅然とした態度で、彼を一個人、そして身内ではなく
他人として接しているかどうか?

家族であれば許さざる負えないことは、たくさんあります
でも、彼はまだ家族ではありません。

だから、貴女に対して失礼であれば
許さなくて良いのです!!

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!