• blog
  • 2016.11.14

ダメ男は、出会いで仕分ける

最新刊 

~ 大好きな彼と復縁し、愛され続ける本 ~





復縁のみならず、大切な彼に愛され続けるヒントが
沢山つまっています。



今日は、出会ってはいけない相手について考えて
みましょう。


まず、貴女は直感が鋭いほうですか?
女性の直感は、なかなか侮れないものです。

「出会った瞬間に、もしかしたら彼と結婚する
かも、と思った」こう話す花嫁は案外といます。

勿論、全員が最初から一目ぼれというわけではなく
好みじゃないのに、なぜか「この人と結婚するのかも」
と思ったという事例も・・・・


勿論、最初はなんとも感じていなかったけど
後からジンワリと「良い人だなあ~」と感じることも
多々あります。


最初は何にも感じない人・・・
最初から、この人は良い!と感じた人・・・
これは、普通にOK

あからさまに感じ悪い態度でムカっとしたけど
付き合っているうちに照れ隠しだということが
わかり、良い人だった・・・ということは
実際にあるのですが

問題は、愛想はいいけど、漠然とこの人はダメだ
と思った場合は、要注意です。

立派な職業にもついているし、申し分ないと
言えばそうだけど・・・
でも、なぜか嫌悪を感じる相手。

もしも、その彼が、貴女に必死にアプローチを
かけて来たとしたら・・・貴女はどうしますか?

ここで、
条件が良いから~
彼がいなくて寂しいから~
と、流されてはいけません。

貴女の直感いわば本能が、NGを出しているのです。


女性は母性でどうしても感情が入ると
正しい判断がしずらくなってしまいます。

だからこそ、出会いの場で自分を不幸にする男を
仕分けることは大事!!



まだまだ余計な感情が湧いていない状況下
そこで感じた直感こそ、貴女が無駄な涙を流さない
ために、大切にするべきものなのです。


どうか、幸せな恋愛を・・・・


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!