• blog
  • 2016.11.14

うまく行かないときに恋愛で起こる事件

大人になれば、必ず公私という
立場がついて回るようになります。

仕事はうまくいっているんだけど
なかなか恋愛がね・・・
実は、こんな時には意外と女性は
強いものです。

女性は夢見がちとはいえど
実際には現実的に生きる力を
持っています。

逆に、順調に進んでいた仕事で
行き詰まってしまった時こそ
恋愛でも大きな失敗をしないように
要注意な時

以前、こんな事例がありました。

A子さんはとても聡明で仕事も
順調、部下からも慕われて
TVドラマの主人公のような
毎日を送っていました。

ある日、体調を崩したことから
仕事も何となくうまくいかなくなり
結婚してパートナーという保障があれば、
もっと気楽にこの難関を乗り越えられる
のに・・・と考えて、
信頼のおける友人に男性を紹介して
欲しいと頼みました。

現れた相手は好みの相手ではありませんでしたが
年収も高く、仕事もシッカリしていたので
保障という意味では不足はないと思ったそうです。

ところが、その後付き合っているうちに
「あれ?」「おや?」と思う出来事が多々
おこり、でも決定打ではなかったことと
まさか、あの人が?という思いで、
気にせずにいましたが・・・

深いお付き合いにもなり、
具体的に結婚の話をしたところ
パッタリと音信不通になり、
何度連絡しても絶対に連絡がなかった
そうです。

その後、彼に対して調査をしたところ
彼の仕事も年収も嘘ではありませんでしたが
彼は既婚者で、安心して遊びたかっただけ
だということが分かりました。

彼女は、彼を訴えようかと思いましたが
自分自身の社会的な立場やプライドが邪魔をして
結局泣き寝入り。

最終的に彼に会って僕も話をしましたが
「社会的な立場があって、プライドの高い女性は
その後、みっともない騒ぎ方はしないから、
安心して騙せた」と人として許せないことを
言っていました。

皮肉なもので、手段として選んだ相手が
あちらも自分の欲望を満たすための
手段として自分を選んでいた・・・
結局、彼女はそのショックで仕事もやめて
実家へ戻ったそうです。

生きていれば、辛いことはたくさんあります。
もちろん、そのタイミングで素晴らしいパートナー
と出会え、幸せになった女性もたくさんいます。

でもそんな時こそ、自分を大切にするには
どうしたら良いのか?そのこともシッカリと
考えていきましょう。

自分のことを本当に考えてくれる人なのか?
大切に思ってくれる人なのか?
それを見抜くのは、やはり少し時間がかかるもの
かもしれません・・・













関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

志摩純一
志摩純一

医師として長年、男性の身勝手な性本能や本質に振り回され、心身ともに深い傷を負った女性たちへの治療と心のケアを行ってきた経験を持つ。2010年に中経出版より『大好きな彼を必ず手に入れる恋愛の極意』を出版。男性の習性を正しく学んで、日本中に彼から愛されて輝く女性たちが沢山誕生することを願った一冊。雑誌・TV等でコメンテーターとしても活動中。
公式ブログ:志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!