• blog
  • 2016.11.14

4月9日は子宮(49)の日

  • keyword:


今日、4月9日は子宮の日。
数年前から子宮の日関連のイベントに参加したり、寄稿したりと、
普段は縁の下の力持ちな子宮を思いやる日を、みんなにも気づいて欲しいなぁと地道に活動しております。

今までは、薬膳鍋を囲みながら、子宮に手紙を書いたり、お花見&子宮ヨガを企画しましたが、
今年は、精をつけるためにウナギを堪能してきました。

江戸時代から「土用の丑の日」にはウナギを食べて、精力をつけようと言われてきました。
通説では、はじめは、ウナギ屋の戦略的なキャンペーンだったようで、
それが、こうやって今でも定着しているようです。バレンタインデーと同じですね。
ウナギのヌラヌラと太くて活きのいい様子にあやかろうと昔の男性は思って食べていたようです。

後になって、栄養成分を調べてみると、
うなぎに含まれるビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE、亜鉛など、
滋養強壮に効果のある栄養素がふんだんに含まれていることも判明。
昔の人の直感や発想はすごいですね。
IMG_1728.jpg

ウナギ話が長くなりましたが、子宮の日に寄せたマイスピ記事を転載します。

「女のカラダの中には『御宮』がある」
子宮をそういう風に表現すると、なんだか神聖で誇らしいですね。


4月9日は子宮の日! 今週は「子宮想いウィーク」で女性性を開花させよう
http://www.myspiritual.jp/2012/04/120402sikyu.php



4月9日は子宮(49)の日だとご存知でしょうか?

NPO法人「子宮頸がんを考える市民の会」は、数年前から4月9日を子宮の健康を考える「子宮の日」とし、「子宮頸がん」啓発のイベントを行っています。

以前にも、子宮の日には、女性性を見つめ直そうというと提案させていただきました。

4月9日は子宮の日。官能チャクラを活性化させて女度をアゲよう!
http://www.myspiritual.jp/2010/04/20100409-49.php

スピリチュアル的にも、ヒーリングを受けていくと「女性性」や「セクシャリティ」の開花が課題だと指摘される女性も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、男性と一緒に働く女性は、知らず知らずのうちに自分の女性性をセーブしてしまっている方が多いからです。
女性性を司る臓器でもある「子宮」にフォーカスすることで、眠っているあなたの女性性にノックしてみませんか。

そこで、今日からの1週間、「子宮を大切にして、女性性を開花するウィーク」として、子宮を想いやりましょう。
即日実行できる「女性性を開花する生活習慣」を3つご紹介します。

・朝のコーヒーを白湯に変える

マクロビオティックでは、「熱い地方ではカラダを冷やす食物がとれる」と言われています。

朝のコーヒーでテンションを上げる女性も多いかもしれませんが、ここでは「白湯」に変えてみましょう。お水を沸騰させて煮詰めた「白湯」はアーユルヴェーダでは、「火」「風」「水」の3要素の入った理想的な飲み物。カラダの浄化もすすみます。
また、朝の台所に女性が火(ガス)をいれるという行為も女性性を開花するには、とても大事な行為。
忙しいと、朝ごはんも作らず、家を出て、コーヒーショップで朝の一服、という女性も多いと思いますが、昔から、食事をつくることで、台所を担ってきた女性たち。女性性を取り戻す朝の儀式として、大和撫子のDNAにも火をつけましょう。

 ・婦人科検診を受ける

お住まいの自治体から届く「婦人科検診クーポン」不調がないからと、どこかに放置したままになっていませんか?
子宮頚ガンは20代や30代では、進行が早いと言われています。
せめて1年に一度の定期検診は欠かさず、受けましょう。
何かきっかけがないと、重い腰が動かないもの。
この記事をきっかけに、さっそく、婦人科の予約をとりましょう。

 ・腹巻で下腹部を温める

春らしく温かくなりましたが、夜の冷え込みやうっかり薄着で外出した時にカラダが冷えてしまいます。
だんだんと薄着になりますが、いつも服装に腹巻をプラス。
下腹部が冷えると月経痛もきつくなる傾向も。
月経の時期以外で子宮を気にかけることはなかなかないと思います。
着替えやお手洗いで、腹巻に気づくことで、「子宮想いな自分」を再確認しましょう。
女性性は、気にかけてあげないとくすぶってしまいます。

「子宮想いな自分」を常に意識することで、あなたの女性性は開花されていきます。
目を閉じて、あなたの子宮に手をあて、「いつもありがとう!」の言葉をかけるだけで、
じーんとカラダの芯が温まるのを感じるでしょう。
女性性を受け入れること、女性性を開花させることは、パートナーシップにおいても影響します。

自分のカラダを大切にしている女性ほど、パートナーの男性もそれに影響されて、大切に扱ってくれます。
想像してみてください。
彼女が「めんどくさいから」と婦人科検診を先延ばししている場合と、
「自分のカラダのことだから、半年ぶりに検診に行ってきたよ。」と報告される場合であれば、
あきらかに後者の女性のカラダを大切に扱おうと思いますよね。

 年に一度の「子宮の日」ですが、できれば、毎日でも「子宮」を想いやりたいものですね。

 LOVE49


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
OLIVIA

1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。アロマセラピスト。 「世の中をご機嫌な女性でいっぱいにする!」をライフテーマに、2007年よりラブライフアドバイザーとして活動開始。東京、名古屋、京都、大阪にて、講座、ワークショップ、各種イベントへの出演、ウェブサイトでのコラム、書籍、雑誌、ラジオなど、「LIVE」「メディア」をバランスよく取り入れ、情報発信を行う。「anan」や「日経WOMAN」などの有名女性誌や、「FRIDAY」「週刊SPA」などの男性誌にも多数取り上げられ、SEX特集には欠かせない性のオピニオンリーダーとなっている。 セクシャル・カウンセリングとアロマトリートメントを組み合わせたオリジナルセラピーは、「女性性を引き出し、愛のあふれるカラダになる」と口コミで広がり、全国から希望者が足を運ぶ。 有料メルマガ「誰も教えてくれなかった!飽きないセックス」(角川マガジンズ)が、大好評配信中。
有料メルマガ:「OLIVIA先生の秘密講座 誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス」
公式ブログ:OLIVIA OFFICIAL BLOG
web:オフィシャルHP