• blog
  • 2016.11.14

女性がモテる男女比率のベストミックスは?

  • keyword:
カテゴリ:カテゴリ未分類
従前、私は「需給ギャップがある市場に身を置け」と言っている。男性なら、女性比率の高いところ、女性であれば、男性比率の高いところ。

昨日は違う話を聞いた。ある理系トップ大学(工業系学科)出身のキレイな女性。

いわく、「男女比率のギャップのベストは70:30。これが、95:5までいってしまうと、お客様扱いされるか、同化してしまうか」だそうだ。

男性たちが男性話題で盛り上がっているところに、女性がいるから、ということで扱いに困ってしまうか、もはやオトコ友達と同じ感覚で存在を忘れ去られるか。

ではサークルならもう少し女性比率が上がるのかというと、学内サークルも、あまりにも女性が少なくて成り立ちにくいので、ほぼすべて外部大学と合同の人員構成になっており、そこでも学内女子の存在は浮いてしまいがち。
なるほどねー、東大みたいに文学部が存在すれば、学内サークルに凝縮されれば70:30くらいの比率にはなるもんね。東大女子はけっこう学内カップル率が高いし、結婚も早い傾向にある気がする。

たしかに、95:5まで偏った集団では、女性の身の処し方、振舞い方は違うものが求められる気がします。しかも、けっこう難易度が高そう。。
考察を深めてみたい気もするけど、特殊セグメントなのでニーズも少なそうだなあ。ということで、考察終了!(爆)
こうやって置いてけぼりになる高学歴理系女子。賢いので、自分で考えましょー。たぶん後は行動あるのみ。

ではまた。






Last updated  2012年12月04日 01時30分01秒

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

西口敦
西口敦

東京大学法学部卒業後、金融業界(長銀、AMEX、UBS)、外資コンサルティング(A.T.カーニー、BCG)を経て、結婚情報サービス大手オーネットにてマーケティング・広報の責任者を務めた。現在、株式会社西口敦事務所の代表。著書に数字と現実から紐解いた目からウロコの婚活本『普通のダンナがなぜ見つからない?』(文藝春秋)がある。
公式ブログ:ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線