• blog
  • 2016.11.14

ダメンズに引っかかった・・らしい。

  • keyword:
ある30代半ばの女性から相談を受けた。高学歴で、いまは外資畑。

「私最近、ダメンズに、ひっかかっちゃったんです。。」ですと。

知人の紹介で会ったバツイチ、5歳年上。
雑誌編集者をやった後、独立起業し、結局家業(たぶん羽振りがいい)を継ぐことになっている。

初めのうちは、彼女にとっても優しかった。なので、「私のことを大事にしてくれる」と感じて、好きになった。
・・が、ほんの数か月で、だんだんおかしくなってきた。時間を守らない、連絡が途絶える、どう見ても他にも女性がいる・・・ということで、別れることにした。

「何がいけなかったんでしょうか」。

うーん。実は私は恋愛そのものについては苦手分野である。

ただ、聞いてると、端々に実は懸念材料はあったようだ。
・メールの文面が、びっくりするくらい稚拙。「出版社出身なのに・・・」
・自分の知人や家族のことを自慢する。一方で、彼女の友人、さらには家族のことは軽んじたり小馬鹿にする。
・車の運転をすると、前の車を煽る。「おせーんだよ」と吐き捨てる。「だって、お年寄りなんだからしょうがないじゃない」と言うと「だったら何なんだよ」。
・・・などなど。

なーんだ、単にmaturityが低いだけじゃないですか。(婉曲な言葉を使いましたが、平たく言うと「幼稚」。)

彼女には、彼のこうした行動ひとつひとつが意味するところを、なかなか想像がつかなかったらしい。

「いつも自分と同じような学歴やバックグラウンドの相手としか付き合ったことがなかったから、今回は間口を広げてみようと思ったんですけど。。」

そのチャレンジ精神は是としたい。あとは、早い時点での見極め方法ですかね。

せっかく転んだんだから、タダではすませないしたたかさで、良い方にアグレッシブに活かせるといいですねー。

これ以上の恋愛そのもののご相談は、私なんぞの手に負えるテーマではないので、さっそくTBS「私の何がイケないの?」共演メンバーである塚越友子センセをご紹介しました。

(あ、いま、元共演メンバーの塚越さんや五百田達成さん、渡辺佳恵さんと、独身女性のための私塾みたいなのをプラン中。詳細決まりましたら公開していきます)

ではまた。



Last updated  2012年05月30日 16時38分42秒

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

西口敦
西口敦

東京大学法学部卒業後、金融業界(長銀、AMEX、UBS)、外資コンサルティング(A.T.カーニー、BCG)を経て、結婚情報サービス大手オーネットにてマーケティング・広報の責任者を務めた。現在、株式会社西口敦事務所の代表。著書に数字と現実から紐解いた目からウロコの婚活本『普通のダンナがなぜ見つからない?』(文藝春秋)がある。
公式ブログ:ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線